現在の閲覧者数:

This Category : 長谷川博己さん

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2011.05.17 *Tue

déjà-vu

「鈴木先生」第四話、今回もまた怒涛の展開を見せています!

思春期の子達って、多感すぎて痛々しい部分もありますよね。
竹地は真面目で自分の中にある思いに真っ直ぐ向き合いすぎて、
周りが見えなくなって身動きがとれなくなっちゃってる。
そんな状況に陥っている彼をあえて自由にさせた先生の度胸がすごい。
事なかれ的にならないのが鈴木流というところでしょうか(笑)
真っ直ぐ向き合う姿が似合いますよね、長谷川さん。
公私共に、頑張れ鈴木先生!


今回の鈴木先生@長谷川さんを見てツボだったところ…
やっぱり同僚の先生と幻の話をしていた時でしょう!
長谷川さんの口から「六条御息所」と言う言葉を聞いた時には、思わず
『現代能楽集』を思い出しましたよ!

光さん…
あの時、光さんの思い人である葵も、小川さんみたいな髪型だったなぁ。
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2011.05.10 *Tue

鈴木先生@長谷川博己さん

長谷川博己さんがご出演と言うことで思わず見ている「鈴木先生」、
何だか妙な所がツボに入るドラマですね~

鈴木先生の思考音声が何か問答みたい。
それが何処か笑える時もあり、どうしようもないジレンマであったり…
そのギャップが楽しかったりもします。

好青年的ポジションはそのままに、ある部分に対して禁忌とまでは
言わないけど絶対領域を守るようなところがチラリ。
ただの好青年ではないところに親しみを感じさせる今回の役ですよね(笑)
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2011.02.16 *Wed

犯人役ですかっ!

明日放送の「告発~国選弁護人」に、長谷川博己さんご出演!

予告を見ましたが、また随分と荒れた感じですね(笑)
どんな背後関係があるのか、彼は何を背負っているのか。
それがどんな風に見えてくるのかが凄く楽しみです。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2011.02.01 *Tue

連続ドラマ「鈴木先生」

長谷川博己さん、4月スタートの連ドラで主演決定です!
ひゃー、ファンとしては何だか嬉しいな。
「セカンド・バージン」の行さんで、メディアの注目一気に浴びましたもんね~

◆連毒ドラマ 「鈴木先生」

今回のドラマは原作の漫画があるみたいですね。
社会派で、かなり苦悩する先生役だとか…
長谷川さん、種類は違えど今回も苦悩する役どころみたいです(笑)
生徒たちとどんなドラマを見せてくれるのか楽しみ!
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.12.15 *Wed

「セカンド・バージン」最終話

「セカンド・バージン」全10話、とうとう終わってしまいました。
冒頭“やっぱり…”と言う感もありましたが、あの状態で最後二人が
巡り会えた奇跡が行の思い故だったように思えてなりません。

るいと行にとっては決して幸せな最後とは言えないけど、何か温かい思いが
満ちるものでした。
万理江も何だかの形で行の思いをちゃんと受け取ったんじゃないかな…
それぞれの女たちがイイ顔をして生きていく姿が良かったです。

それにしても行がるいへ宛てた最後の手紙、あの朗読部分はちょっと反則っ!
全体を通してるいに対する行の思いが切なくて綺麗でどんな状況においても
孤高に彼女を愛し抜いた姿が印象にのこるドラマでした。
これは長谷川さんの魅力のなせる業だなって思います。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.12.03 *Fri

意外なところで

長谷川さん発見!

まさか女性誌に長谷川さんが出てくるとは思わずビックリ!
今出ている「女性セブン」表紙右下あたりに長谷川博己さんの写真が…
思わず手に取っちゃいましたよ(笑)

「セカンド・バージン」効果ですよね、何かもう凄いな~
カラー写真も掲載されていますが、これがまたイイ表情してるんです。
個人的には目を閉じた写真がお気に入り。
取材記事にも書いてありましたが、この方は独特の透明感がありますよね。
記事を読んで、「透明感」の所以が何となくではありますが感じることが
できました。
指の話題であそこまで突っ込んでくれるとは思わなかった。
ある意味記者さんに感謝!(笑)

さて、これからドラマも佳境に入っていきます。
どんなに傷つきどん底に落ちても、この人は穢れないような気がする。
長谷川さんの演じる行は、そんな存在のように感じます。
これからの二人を楽しみにしたいと思います。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.11.10 *Wed

序曲

長谷川博己さんご出演のドラマ「セカンド・バージン」、周りが徐々に
動き始めましたね。
るい@京香さんと行@長谷川さん、二人を渦巻く状況がもう…
何かが動き出す時は一気に歯車が回る、しかも好転する場合は皆無に等しい。
もう定跡化しているんじゃないかと思うくらい!
先週の二人は結ばれたことによる喜びより苦悩が滲んでいましたよね、
何だか痛々しいくらいに。
見ている方が辛くなるくらいでしたもんね。
今週は切ない思いがひしめく表情に出て、刹那的。



私的な今回の鈴木行ポイント…
◎つれない態度を妻に取りつつも、何気ない優しさがスマート。
◎るいに対しての思いが決まった行@長谷川さんの目の強さがイイ!
◎そして固定電話の受話器を持つ手のポジショニングが秀逸。
◎野心家設定だけあって、商談相手に対しての強気な姿勢。


やっぱり手に目が行ってしまうんですよねぇ~
それ故のチェック項目に含まれています(笑)
作品全体というより琴線に触れるポイントを楽しむドラマとなりつつあります。
いいのかな、これで。。。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.10.31 *Sun

注目株

今月の検索ワード、ぶっちぎり第一位は長谷川博己さんでした。
「セカンド・バージン」放送以降、一気に人気上昇されてますもんね。
拙宅blogに足を運んで下さった中には“長谷川さんってどんな人?!”
って思われてお越しいただいた方も多かったことと思います。
TVで拝見する長谷川さんもやはり魅力的。
人気が出るのも納得しちゃいます!

色気があるけど、卑猥じゃない
ドキっとさせられる言葉や仕草だけど、嫌悪感を感じさせないスマートさ


これは誰もが真似してできるものじゃない。
やっぱり、長谷川さんが持つ品格が出ているように思います。

私が最初に長谷川さんを拝見したのは、初演の現代能楽集Ⅰ「AOI」。
「源氏物語」をなぞらえ、光源氏としてのポジションを演じた長谷川さんは
まさに光の君。
登場するだけで、それを納得させられる存在でした。
立ち姿が美しく、流れるよな所作に思わず目が離せなかったんです。
年上の六条との会話の中に見え隠れする淫靡な応酬も何故かいやらしさを
感じさせなかった。
だからといって、その情景が伝わらない訳ではなく繊細なフィルターにかけられた
ような感じがあったんです。
大先輩を相手に、ちょっと肩に力が入っていたように見えましたが、
清廉さのある色気と、ほのかな艶が加わった方だと思いました。

その後、新国立劇場で上演された『ゴロヴリョフ家の人々』、文学座『赤い月』。
役によって受ける印象が変わるのは勿論ですが、どの作品も真っ直ぐさが伝わって
きます。
多くの作品にご出演され、さらに魅力を増す長谷川さん。
これからも頑張って欲しい俳優さんの一人です。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.10.20 *Wed

指さえも…

鈴木京香さん主演、ドラマ10「セカンドバージン」
長谷川博己さんご出演ということで思わず見ているのですが…

NHKなのに色っぽい場面が多いのでビックリ!(笑)

とは言え、卑猥さがないので抵抗なし。
ディティールで色気を演出しているんですよね。
普段見せない角度での顎のラインとか特にそう感じちゃいます。

あとは手…
個人的に手が美しい人が大好きでして…(笑)
長谷川さんの指も例に漏れず私の琴線に触れる「手」の持ち主であります。
1話で長谷川さんが書類を持つ手をクローズアップして、美しい指先と
セクシャルなものを連動させていく台詞がある。
しかも心理描写的な部分で。
美しい指自体に魅力でもあることを2話で長谷川さんの妻役である深田さんの
口からも語られる。

そんな賛辞(?!)を受ける指の持ち主である長谷川さん。
その指先から紡がれる物語は、清らかであるのか不実に揺れるのか期待。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.07.28 *Wed

TVに舞台に

とても気になる俳優の一人、長谷川博己さん。
『ヘンリー六世』以降ちょっと活動休止状態だったので気になって
いたのですが、ここに来て嬉しい情報をキャッチ!

10月にドラマ、そして12月に舞台ご出演ですっ!!


◆NHKドラマ「セカンドバージン」
こちらでは年上のヒロインと恋に落ちる既婚の男役のようです。
年上のヒロインに鈴木京香さん、男の妻役に深田恭子さん。
魅力的な二人の女性の間で苦悩する長谷川さんが見物です(笑)

◆『黴菌』(仮題)
KERA+シアターコクーンプロデュース公演、どんな感じになるんでしょう?!
bunkamuraのsiteに掲載されている意味深な解説が気になるところです。


とにかく長谷川さんのご活躍が拝見できるのは嬉しいものです!
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

静流

Author:静流
◎北村有起哉さん
◎石川禅さん
◎横田栄司さん
◎長谷川博己さん
◎古河耕史さんを
中心に応援しています(^^)



FLASHアナログ時計


by WANPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30









お気に入りblog

石川禅 北村有起哉 オレステス 横田栄司 





天気予報


-天気予報コム- -FC2-



マナカード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



クラシック演奏会

presented by
パッヘルベルによろしく



Copyright © 静流の小窓 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。