現在の閲覧者数:

This Category : TV

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2010.07.09 *Fri

夏ドラマ

今期、久し振りに“ドラマを見よう!”熱が上昇中(笑)


◆ジョーカー 許されざる捜査官
今期一番の注目ドラマ!
堺雅人さん主演というのが惹かれたポイント。
含みもいっぱい、色々な意味でゾクゾクさせてくれそうな予感大…

◆モテキ
原作に興味アリ。
今ハマっている「トッキュー!!」を手掛けたミツロウ先生の作品だし
面白そう。

◆10年先も君に恋して
OAはチョット先ですが、タイトルとキャストが気になってしまいました。
内野聖陽さんと上戸彩さんの組み合わせって言うのも新鮮。

◆ホタルノヒカリ 2
蛍の【その後】が気になるところ。
これからって時に終わった感じでしたからね。
第一話見逃してしまいましたが、次は見逃さないようにしないと…ね。


タイトルだけ見て気になったドラマ…
○日本人の知らない日本語
タイトルだけでは傾向が掴めない、と言うか想像できない…
そういった意味で気になる!
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.03.29 *Mon

ツボなキャスト@「わが家の歴史」

スケールの大きさと出演者の多さ&豪華さで話題となっている「わが家の歴史」
昭和を彩る著名人たちの顔ぶれも並じゃない!
各界ジャンルを問わない登場人物のラインナップに驚くばかり。

手塚治虫先生に藤原竜也さん、高倉健さんに小栗旬さんetc

いや、このキャスティングはスゴイ!
とは言え、個人的なツボはそこではないんです…




あの升田幸三せんせーが、内野聖陽ってことなんですっ!!

将棋好きとしては、これツボでしょう~
いや、ドラマの中に升田先生が出ることがビックリしましたけどね。
どうせならライバルの大山先生も登場してくれると嬉しかったんですが、
これは高望みしすぎかな?(笑)
他のキャスティングで興味があるのは、吉田茂先生役の角田さん。
そして若き美輪様を演じるウエンツさんかな…
銀巴里で「メケ・メケ」歌っちゃうシーンもありですかね?!
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.03.27 *Sat

「八日目の蝉」ドラマ化

八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る

大好きな作家さんの一人、角田光代さんの「八日目の蝉」ドラマ化されますね。
ヒロインの希和子に壇れいさん、番組公式siteトップでの表情が原作を読んだ時の
イメージにピッタリ!

この物語は女として考えさせられるテーマ。
ただ、どう表現していいのか分からないのが正直なところ。
感動とか、泣ける部類の話ではない。
湧き上がる本能的な思いとでも言った方がいいのでしょうか…
本来【愛情】と呼ばれるべきものが、余りにも悲しい方向へ向かっていく。
それが人々の心に何かを残すのではないかと思わせる。
いよいよ来週スタート、楽しみにしたいと思います。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.01.25 *Mon

「徹子の部屋」に堺雅人さん

今日の「徹子の部屋」のゲストに堺さんがご出演でしたね。

幼少期の話は「文・堺雅人」にもそのエピソードが載っていた代打の話。
負けの儀式として代打に立った時の思い出を語っています。
本当に穏やかに話されるんですよね、この方って。
柔らかく受け止めてるって言うか、何事も受け入れるだけの器があるんだろうって
思わせる雰囲気があります。

そして白身魚、特にカレイが苦手と言う話(笑)
「あのペラペラした形状、邪悪な目」なんて言った時には思わず
笑ってしまいました。
あぁ、そんな風にあのカレイを見ていたんだなぁと妙に感心しきり。
色々なものに対して関心というか感覚を持っていらっしゃるんだなって
思いながら見てしまいました。

そして油揚げの話…
黒柳さんと微妙に噛みあわない。
いや、その原因は黒柳さんが厚揚げと油揚げを一緒に考えていたから
だったんですけどね。
それを根気強く説明する堺さん。
あの黒柳さんの勢いに飲まれないのも、ある意味すごい!

結婚の話…
タイプなんかを聞かれていましたが、感性が同じ方ということを
仰っていましたね。
時間を忘れて、話ができる相手。
同じ感覚を共有できると言うのは、本当に貴重だということを
改めて感じさせられた話です。

占い…
マルセイユに行った時に占ってもらった時の話。
色々聞かれた割に、言われたのが「人の話を聞きなさい」と一言。
それをホンワリと「人の話をよく聞けばよかった、などと思いながら
死ぬんでしょうね」なんて話す堺さん。
この感覚って、やっぱり稀有なんだと思う。

そして本題の映画宣伝
きっとこれが主題であろうことなのに、殆ど時間がなかった感じ。
ちょっと流れた本編は、迫力ありました。
堺さんの話も映画もとっても興味深いものでした。

これは映画館に行くべきかな?
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.10.11 *Sun

「マイガール」第一回

有起哉さんご出演ということで、第一回しっかり見ました。
初っ端から何気に登場の有起哉さん、お髭ダンディなお姿で登場。
舞台でだいぶ見慣れていたけど、また違った魅力があるな。
全体を見渡せる度量のある頼れる上司って感じです。

ドラマとしては、本当にハートウォーミングな話ですね。
6年前に別れた恋人・陽子との間に生まれていた娘と正宗のシーンが、
とっても柔らかくて優しい空気に包まれていて素敵。
娘であるコハルちゃんと一緒に暮らすことを決意した正宗。
どんな道を歩むのかな。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.08.18 *Tue

衝撃!女たちは目撃者 歴史サスペンス劇場

ココ・シャネル、宇野千代という偉大なる二人の女性の半生が紹介されている。
本当にお二人共、激動の人生を力強くも軽やかに生きていらっしゃいます。
女性とは、こういった「しなやかさ」を持っているものなのですね。
いや、この「しなやかさ」は誰しも持てるものではない。
孤高でありつづけられることを恐れず、向き合える思いがあるからこそ輝きを放つ。
やはり魅力的な方というのは、己に妥協がないものなのですね。
それぞれの半生ダイジェストを拝見しながら、そんなことを感じさせられました。

余談ではありますが、宇野先生の人生劇場で出てくる男性俳優陣がツボでした!

尾崎士郎に山口馬木也さん

東郷青児に鈴木一真さん

この二人に妙に心くすぐられてしまった私です(笑)
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.06.23 *Tue

懐かしさ、そして

何処か聞き覚えのあるメロディに、思わず振り返る。

日産CUBEのCM
おそ松くんの画像に、「今夜はブギーバック」のRemix版がバックに流れていた。

メロディは懐かしいのに、何処か遠い。
慣れ親しんできた愛すべき曲との再会は、嬉しい。
でも、まったく違った印象で登場されると、戸惑いがあるのは正直なところ。
テイストも全く違って、POPな装い。

やっぱり、この曲は私にとって小沢健二のものなんだと実感。
また原点である、オザケンヴァージョンを聞きたくなった。
CATEGORY : TV
THEME : CM / GENRE : テレビ・ラジオ
DATE : 2009/06/23 (火) 23:48:52
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.03.26 *Thu

言えない男の新築来訪

役所広司さんがご出演されているダイワハウスの、あのCM。
無意識のうちに「ダイワハウチュ」と言ってしまうアレです!
思わず“なぜ?!”と突っ込みたいところですが、相手は世界でもご活躍されている役所さん。
これは迂闊なことは言えないでしょう。
そこを狙っているのが心憎いところでもあります。
ちょっとムキになる役所さんが、可愛らしくってね(笑)

ただ今OAされている新シリーズCMでも、役所さん本領(?!)発揮。
監督の新築祝いに役所さんが尋ねて…
メインは役所さん、でも私が思わず目を奪われたのは家主の監督ですよ。
だって、あの眼差しは正しく、津嘉山正種さんじゃありませんか!
2度も「ダイワハウチュ」って言っちゃう役所さんを、ちょっと困ったような
優しい眼差しで見つめる顔が堪りません!!!
何気に津嘉山さん、大好き人間としては嬉しいCMとなりました。

ありがと、役所さん。
ありがとぉー、ダイワハウス!(笑)
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.03.02 *Mon

思い出ポロっと…

懐かしのマンガがリバイバル版として復活していることが珍しくない昨今。
かつて愛読していたマンガが平積みにされていると、つい目が行ってしまいます。
「小山荘のきらわれ者」とか「CIPHER」なんか見ると、懐かしくなっちゃいます(笑)
マンガ購読全盛期は、LaLa愛読していたので、ここで連載されていた作品は
思わずチェックしちゃいます。

そんな中でも、大好きな作家さんが樹なつみさんなんです。
その樹さんの作品、「花咲ける青少年」が4月からアニメ化されるらしい。。。
特に、この作品大好きで未だにコミックで全巻持ってるんです。
だから、思わず番組サイト覗いちゃいましたよ!

花鹿は納得、ルマティやカールも及第点。
でも、立人とユージンの顔の雰囲気が違ぁ~う!
個人的に、それがショック。。。

原作に思い入れがある分、自分の中に世界が出来上がっちゃってるんですよね。
だから改めてアニメとして見せられちゃうと違和感があるものです(笑)
何だかんだ言っても、見ちゃうんだろうな…
どの辺りまで描かれるんだろう、どう構成していくのかな。
とにかく好きな作品と再び出会えるのは嬉しいものです。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.11.28 *Fri

先が気になるんだってば!

最近PR商品そのものよりも、内容的に先が気になって仕方がない
CMが多くなってきたように思う。

例えば、OTONA GLICO
国民的アニメである「サザエさん」の実写って言うだけでも驚くのに、
あの意表をつくキャスティング!
まさか、あの無邪気に遊んでいたタラちゃん&イクラちゃんが、
あんなイケメンになっていたなんて…
面差しから言えばイクラちゃんは、タエコさん似ってことになるのかな?
何気にIT企業の社長さんなんてスゴイな、何気にやり手なイクラちゃんである。
そこにチョット脱力系屋台経営のタラちゃん。
これが何気にいい味出してるんだよね、妙に悟ったような感のあるタラちゃん。
自営業やるようなタイプじゃなかったんだけど、一体彼に何が起こったの?
何か結構色々あったっぽいから、その背景なんかも気になるところ。
妙に艶のあるワカメ、あのしっとり感が良いなぁ。
兄のカツオを包むような優しいまなざし、ふんわりした雰囲気。
何かワカメの方がお姉さんみたい。
サザエさんが賑やか系なだけに、このワカメの変貌に驚いた!
そしてカツオ、変わらない君に乾杯(笑)
やっぱり変わらない存在があるっていうのはホッとさせる。
これからの展開が期待されるCMです。

違った意味で、妙に笑いのツボに入るのがパチンコCM。
SANYOは、ちょっと突っ込みたくなったりするところがある。
たぶん、そういった話題性を狙っているんだろうな~と思うけどね。
アグネス・ラムのパチンコとか、加山雄三の若大将で攻める辺りは、
特定世代を狙ったノスタルジック性とCMのコミカルさを狙ってる。
パチンコには全く興味はないのですが、今後どんなシリーズになっていくのか
楽しみになっているCMです。

あとは、スタンダードに「消臭プラグ」の殿を見守り続けたいと思います。
殿、華麗なステップとキレのあるダンス。惚れますわ!
今は母星に帰っていらっしゃるようですが、また地球に戻ってきて下さいませ~
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

静流

Author:静流
◎北村有起哉さん
◎石川禅さん
◎横田栄司さん
◎長谷川博己さん
◎古河耕史さんを
中心に応援しています(^^)



FLASHアナログ時計


by WANPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -









お気に入りblog

石川禅 北村有起哉 オレステス 横田栄司 





天気予報


-天気予報コム- -FC2-



マナカード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



クラシック演奏会

presented by
パッヘルベルによろしく



Copyright © 静流の小窓 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。