現在の閲覧者数:
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.04.12 *Thu

『ジギル&ハイド』 4/8マチネ

ジギル&ハイド

言わずと知れた有名ミュージカル『ジギル&ハイド』。
鹿賀さんのファイナル公演というコトで熱の入った舞台と
なっておりました。

石川禅さんをはじめ、初演からご出演されていたメンバーが
『マリー・アントワネット』に出演中とあって、ちょっと寂しい。
禅さんがいないのは分かっているのに、「嘘の仮面」の第一声を
聞いて寂しくなったりする自分がいました。
やっぱりあの声を探してしまうんですよね~

「人前では、お~つきあいの!」

って、あの張りのある禅さんの声が聞きたくなる訳です。
今ご出演されている皆さんのレベルは勿論高いのですが、
それとは違った意味で物足りなさがあるんですよ。
ファンってこんなモノですよね(笑)
そんな心理を知ってか、今回のバンフには今まで出演された
キャスト陣全員の写真&コメントが掲載されています。
もちろん禅さんも載っていますよ~
しかもサイモン&アターソンの写真があるのは嬉しい。
コメントも何とも禅さんらしいんです。
追伸3つ、あれは必見!(笑)

おっと、話が脱線しちゃった。
印象として強く感じたのは、鹿賀さんとマルシアさんの熱さ。
とにかく最初っから全開で「罪な遊戯」の時には暴走状態!
二人の声が絡み合い昇天していく様はゾクっとさせられました。

ちょこっとした雑感を少し…

◆キャスト感想
・鹿賀ジギル・ハイド
やはり鹿賀さんファイナル公演とあって、物凄い熱演。
メリハリがあって、ジギルの誠実さとハイドの残忍さのコントラストが
一層鮮明に浮かぶものとなっていました。
ジギルの苦悩の色も、今回はじわっと来るものです。

・マルシアルーシー
艶かしさが前回比1.5倍になっているような気がする(笑)
今回強さだけじゃなく、脆さも感じさせるようなルーシーです。
娼婦として割り切って強かに生きている反面、女として幸せを
望んでいる可愛らしさも垣間見せます。

・蘭々エマ
前回は急遽出演が決まり、大変な状況下での公演にも関わらず
健闘した蘭々エマ。
今回は少し余裕が出たような感じです。
柔らかな雰囲気の中に、ゆるぎないジギルへの親愛の情を感じさせる
エマでした。でも、歌苦しそう…

・戸井アターソン
禅さんと同じく、ジギルとは親友スタンス。
好青年だけど少し線が細い感じはあるかな…
やり手の弁護士と言うより、庶民派で町ベンっぽい雰囲気。
自分のことより、依頼人を大切にしそうな感じです。
余談ではありますが、最初の語りでの登場で笑顔で登場。
これはある意味驚き!
今から始まる物語って、一応悲劇だったよね?!と一寸した
突っ込みを入れたくなってしまいました(笑)

やっぱり禅さんファンというコトで、贔屓目があるんですよね。
う~ん、もう一回禅さんのアターソン観たかったなぁ…
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

静流

Author:静流
◎北村有起哉さん
◎石川禅さん
◎横田栄司さん
◎長谷川博己さん
◎古河耕史さんを
中心に応援しています(^^)



FLASHアナログ時計


by WANPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30









お気に入りblog

石川禅 北村有起哉 オレステス 横田栄司 





天気予報


-天気予報コム- -FC2-



マナカード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



クラシック演奏会

presented by
パッヘルベルによろしく



Copyright © 静流の小窓 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。