現在の閲覧者数:
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2010.12.13 *Mon

『LOVE LETTERS』20th Anniversary Christmas Special

ラヴ・レターズ20th
【 作 】 A.R.ガーニー
【演出】 青井陽治
【出演】 野村萬斎&若村麻由美
(敬称略)

今回どのペアもとても魅力的でしたが、個人的に一番気になっていた
萬斎さんと若村さんペアでの観劇です。
かなり出遅れてのチケ参戦だったので遠ぉ~くから拝見(笑)

まず舞台上に登場したお二人の衣装に注目!
萬斎さんは茶色のボトムに白シャツ&ざっくりニットカーデ。
後半からはボトムとあわせたジャケット姿。
若村さんはふんわりしたデザインのベージュがかったワンピースに
朱赤とオレンジを足したようなショート丈のティアードカーデ。
このカーデと似た感じのものをSybillaで見たような気がする…。
後半は胸元にあったワンピースのコサージュを外してご登場。
互いにスッと手に持った本に目を落とした時、今日このひと時の
アンディとメリッサが現れます。

小学校低学年から50台後半まで綴られた二人の手紙は飾り気ない。
何か見栄を張ったり、何かを誇張したりすることなく真摯な思いで
あるが故に色鮮やかに二人の心情が広がっていきます。
詳しいあらすじについては公式siteをご覧下さい。
萬斎さんのアンディ、独特のテンポがあります。
間合いと言うか、何と言うか上手く表現できないのですが、
優等生でありながら、どこか憎めないぬけた部分を演出している感じ。
だからなのか客席からの笑いも多かったように思います。
年齢と共に声のトーンを少しづつ変えていくのですが、その加減が絶妙。
若村さんのメリッサは奔放さが真っ直ぐに出る感じ。
それが良くも悪くも後半のメリッサの荒れ具合と上手くリンクしていきます。
だからこそ終盤「私は消えます」の言葉がズシリと胸に来る。

二人は共に居る時は少なかったかもしれませんが「手紙」という強い絆で
結ばれ思いを通わせていました。
結末としては決してハッピーエンドではないにしろ、温かい思いに満ちた作品です。
舞台を終えた二人は感慨深いご様子、若村さんは涙を抑えていらっしゃいましたね。
戯曲を通してとは言え、お二人が強くアンディとメリッサの思いに心を沿わせた
からだと感じさせるカーテンコール。
とても素敵な「思い」を感じることが出来ました。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

静流

Author:静流
◎北村有起哉さん
◎石川禅さん
◎横田栄司さん
◎長谷川博己さん
◎古河耕史さんを
中心に応援しています(^^)



FLASHアナログ時計

FC2ブログ

by WANPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -









お気に入りblog

石川禅 北村有起哉 オレステス 横田栄司 





天気予報


-天気予報コム- -FC2-



マナカード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



クラシック演奏会

presented by
パッヘルベルによろしく



Copyright © 静流の小窓 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。