現在の閲覧者数:
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2011.01.06 *Thu

武士の家計簿

武士の家計簿
「武士の家計簿」

劇場には足繁く通うものの、映画館に行くのは久し振り。
年末年始時期に見るなら“和物がいいかな…”と思い選んだのがこの作品。

時代劇というより、ホームドラマといった印象。
その時代の武士たちの生活、そしてタイトルに「家計簿」とあるように猪山家の
懐事情が伺えます。や現代に通じる思いがあります。
物語は海軍主計大監となった猪山成之が父・直之を振り返る形で展開。
いわば成之が語り部となる訳です。

御算用者(会計処理専門官)として代々加賀藩に仕えてきた猪山家。
直之もまた、それにならい同じ道を歩んでいく訳ですが生来からの真面目な気質から
真摯に仕事にあたります。
真面目すぎるが故に「そろばん馬鹿」とも言われますが、揺らがない。
不正があれば自ら調査し、上司からの警告があっても原因をつきとめていく。
これは自分の家計でも同じ。
借財を洗い出し今ある資産と相殺、どう対処していくかの計画を綿密に立てる。
如何に小さな買い物でも一つひとつ記録していくのですが、その場しのぎをしない。
小さなわが子にこの記録をつけさせ、不足金が出れば対処法を考えさせる。
大人が貸してやるということは決してさせない、そこに直之の生き方が見えてくる。

一番印象的だったのは、直之の父が亡くなった時だ。
成之は祖父がなくなったことで家族が悲しみの中にいるのに、父だけが別部屋で
そろばんを弾いている姿を見る。
成之の見た父はピンと背筋を伸ばし喪服を着てソロバンを弾いている。
なぜ父はこんな時にまでソロバンを弾くのか、情はないのか…
そんなことを問いかけるわが子に、まっすぐ答える直之。
その姿に彼の信条のようなものを感じます。

如何なる時にも問題から目を背けず、対処した直之に反発する成之ではありますが
結果としてその姿が成之の模範となっている。
「親の背を見て子は育つ」といいますが、まさにこういった直之の姿を見てきたからこそ
成之は時代の荒波を乗り切っていけたのだと感じさせる。

それだけでなく、家族の優しさと暖かさを感じさせる映画でした。
CATEGORY : 映画
THEME : 邦画 / GENRE : 映画
DATE : 2011/01/06 (木) 20:56:28
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

静流

Author:静流
◎北村有起哉さん
◎石川禅さん
◎横田栄司さん
◎長谷川博己さん
◎古河耕史さんを
中心に応援しています(^^)



FLASHアナログ時計

FC2ブログ

by WANPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -









お気に入りblog

石川禅 北村有起哉 オレステス 横田栄司 





天気予報


-天気予報コム- -FC2-



マナカード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



クラシック演奏会

presented by
パッヘルベルによろしく



Copyright © 静流の小窓 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。